FC2ブログ

【蓮】蓮の実を食す!

毎年うちの母親が蓮の花やら睡蓮やらを咲かせているのですが、今年は特によく蓮の花が咲いております。
蓮の花の種類は多く、この白い蓮の名前は不明ですが、
140721_075328.jpg

↓この濃いピンクの蓮は「大賀蓮(おおがはす)」という名前だそうです。
これは去年から我が家に来ました。
140721_075317.jpg

140721_075549.jpg

150721_085901.jpg
なかなか美しく開花したでしょう?
今年に限ってほんとうに次から次へと蕾が伸びてきています。
理由として考えられるのは、「土」です。
毎年春に鉢の泥を入れ替えるのですが(私が手伝わされる)うちの近くに泥沼というには大げさな「泥だまり」があります。
その泥をうちまでバケツに2杯ぐらい運んでいるのです。
しかし、今年は母がどこかで聞き込んできて「荒木田土」なるものをネットで注文して買いました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

荒木田土 16L
価格:1650円(税込、送料別) (2021/7/25時点)



例年になく花が咲き続けるのはこの土のおかげじゃないかと母が言うんです。
真偽のほどは分かりませんが(^^;

あ、余談が長くなりました。
話を戻しまして(^^;

花弁が落ちた後のこのシャワーヘッドのようなブツブツしたもの、私的にはトリハダもので頭がかゆくなるような気持ち悪いものなのですが(蓮が聞いたら「お前に言われたくないわ!」と憤慨すると思うんだけどごめんなさい本心です汗)これを花托(かたく)と言うらしいです。
240721_090029.jpg
この花托の中に、蓮の実ができています。
この記事は、それを食すというレポートです。

絵面的にはちょっと気持ち悪いかもしれませんが(^^;お付き合いくださいね。

まず、この花托を切り取ってみますと、その茎の中はこんな感じ。
白い汁がどんどん出てきます。
舐めたら苦かった!!
240721_090104.jpg

レンコンみたいですよね!
240721_110908s_20210725152207dfb.jpg

花托を割りますと…

240721_090256.jpg

240721_090259.jpg

240721_090352.jpg

その実を取り出すとこんなの↓
240721_090408.jpg

周囲についた繊維をとると↓
240721_090610.jpg

そして、この外側の皮をむきます
画像は、なんの間違いか5個しかありませんが、全部むきました(^^;
外の緑色の皮は柔らかくて、爪で簡単にむけます
(私はナイフでちょっと切り目を入れたけど)
【1】
240721_110748.jpg

実を取り出した後の花托

240721_102034.jpg
ちょっと拡大、
いろいろと気持ち悪いと思いますが(^^;
この、あちこちがストローのようになっているのは、とにもかくにも水を吸い上げるためなんだそうです。
だから鉢は夕方には水がかなり減ってしまうので、日に2回ぐらいは水を入れてやらねばなりません。
(この辺りは母の言っていることでして、専門的な裏付けはありません、すみません(^^; )
240721_102034s_2021072515320227e.jpg

さて、肝心の蓮の実の食レポ!!

一粒食べてみる

もぐもぐもぐ・・・

うん、おいしい!!

SNSでは「他に類を見ない新食感」などと言ってしまいましたが。
ちょっとゆでた枝豆に似ているかなぁと思います。
それよりも若干サクッとしていてやわらかい歯ごたえかな。
(す、すみません、新食感と言いながら枝豆とはかなりありきたりな感じで…)

味はとっても淡泊!
でも、ほんのり甘く、ほっぺたが落ちるほどはないんだろうけど、私的にはじゅうぶんおいしいと思いました。

花托の大きさや、花弁が落ちてからの時間(日数)の違いによって、実の大きさや柔らかさが違いますので、その分味も違いました。ひょっとして、白い花の実と、ピンクの花の実でも違いがあるのかも??

↓こちらはもう少し小さく柔らかい実でした。
【2】
250721_112217.jpg
250721_112300.jpg

これは逆に熟れすぎて、実がかなり固くなっていました
穴の開きそうになった花托の写真を撮りたかったのに、母が先にバリバリと壊してしまいました(^^;
【3】
250721_112444.jpg

右側が熟れた実で、左が柔らかい新しい実
固くなるととても爪ではむけません
包丁で切り込んでからむきました。
250721_112823.jpg

実は小さく若い実ほど柔らかく甘くおいしいです。【2】


一番最初にむいた実は、薄皮が少しだけ厚くなりかけていて、若干青臭い味わいです。【1】


最後にむいた固くなっていたやつ【3】は、生では食べられません。
ちょっと食べたけど、ちょうど、栗の若い実を生で食べたような感じ。

それぞれの実に熱を加えました。

【1】炒ってみた
240721_111526.jpg
若干の青臭い感じはなくなり、甘みが増しておいしくなりました!
薄皮はやっぱり除いたほうがおいしいです。食感もよくないし苦みがあるかも。
苦味は焦げてるせいじゃないの??

ってことを置いといても苦みがあるように感じましたので(^^;

【2】と【3】は茹でてみた

【2】甘みが増し、さらにおいしくなった!若い実だから薄皮が邪魔になることもなく。
【3】茹で栗みたいな感じ?思ったよりもおいしいやん!的な。



おすすめは断然【2】の時期の実です。
が、これは花托でわかるものなのか?
むいてみないとわからないかもしれません。

私は生で食べ炒って食べ茹でて食べたけど、今のところおなか壊したりとかしてませんので、たぶん大丈夫(笑)
日本ではあんまり一般的ではない蓮の実ですが、アジアでは普通に食材として出回っているらしいですね。知らなかった。
楽天でも売っていました(^^;



でも、出回っているものは乾燥タイプばかりです。
なかなか生では食べられないと思うので、貴重な経験をしました。
長年蓮を咲かせていますが(母がね)実を食べたのは初めてのことで、もっと早く食べていればよかったなと思いました。

以上、蓮の実の食レポ終わります。
ここまで読んでくださった方にはお礼申し上げます(*^-^*)




以下は余談ですが・・・・(^^;

今回母が「大賀蓮」を手に入れたのは、高田本山というお寺が三重県にありまして。
そこで「蓮のオーナー」なるものを募集していましたので申し込んだのです。
それが去年のことです。
キャプチャ

詳しくはこちら←クリック

この高田本山専修寺というお寺は、先ごろ公開された二宮和也さん主演の映画「浅田家!」のロケ地として脚光を浴びました。
私も近々見る予定です。

以上、長々と失礼しました(^▽^;)




スポンサーサイト



16:34 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(0)

【話】鑑賞記録まとめについて

今年は愛用していた『鑑賞メーター』のサービスが終了してしまいました。
なくなって知るそのありがたみ、つくづく便利なサービスだったなぁと惜しまれます。(運営者さんいままでありがとうございました)
ほんとは鑑賞するたびにブログに感想を書けばいいんだけど、かなりの数を見ているので(自慢にはなりませんが)、ブログでは手間がいりすぎしまうんです。ほんと自慢になりませんが。とほほ。。
代わりに、いまはフィルマークスを使わせてもらっています。
キネノートもよかったんですが、ぱっと見がフィルマークスのほうがシンプルで見やすく、私には使いやすそうでした。
それでもやはり、感想メーターのほうかよかったのになーと思ってしまいます。
感想メーターの『まとめ機能』は前月、前年の鑑賞記録を一望できるまとめを、ブログにはることができました。
これはほかの記録サイトにはないサービスかと。
ブクログにはあるのですが、ブクログは新作映画、上映中の映画はフォローしてませんよね。ソフト化したものしか検索できないようです。
私はソフト化してない作品もちょくちょく見ているので、鑑賞記録に抜けができてしまいます。
でもまとめだけは、ブクログで作ることにしました。
ま、鑑賞記録なんて、そこまで厳密に、真剣にやらなくてもいいんですけどね。
(しかも年末の慌ただしいときに…)
我ながら呆れてしまいますが、なんせ趣味ですので。。。
09:39 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(0)

【句】泣きすぎて

GCO.jpg

夫がかれこれ30年以上読み続けていた「ビッグコミックオリジナル」
表紙の俳句があまりに素敵だったので忘備的にご紹介。

「泣きすぎて 空っぽでした 蝉の胸」
  業田良家作

読んだ瞬間、その光景が目に浮かび、切なくなってしまいました。


むかし、新聞に載ってた
「ながながと 川一筋や 雪の原」
という俳句も、ぱーんと情景が目に浮かび、感心しましたっけ。



ところで、ビッグコミックオリジナルですが
最近夫が買ってないことに気づきました。
30年以上買い続けた夫も、ついに根気が切れたのか。

ところで、沖田さんが結婚したとか。
それを聞いて私は「今頃??とっくと思った」と言いました。
あの漫画、めちゃくちゃ進行が遅いよね??(^-^;
笠崎さんもまだプロ合格してない??らしい??
遅すぎる~~(^-^;
(わかる人だけわかる話でごめんなさい)

21:03 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(0)

第1776回「【年をとったなぁ…】と感じる時」

韓流にハマっててこちらのブログを放置してはや1ヶ月。とうとう広告がついてしまいました(^_^;)
広告がついて来るとうっとおしいので日記を更新したいと思ったんだけど、韓流以外に何も書く事がない今の私。

ああ、そういえば、ハリーポッターの最終話までテレビで見たなぁ。
映画館でも見てるんだけど、テレビで、疑問に思ったことを解消しつつ見るのもよかったです。
またそれも記事にしてみたいかも。

と言うわけで、書くことがないので、ブログテーマから。。。(初の試み)

最近気になってるのが、遠近両用のコンタクトレンズです。
私は老眼が気にはなってるんだけど、老眼鏡が必要とはまだ思えなくて、すごく細かいこと(縫い物とか)のときだけ、百均の老眼鏡をかけることもある・・と言う程度。
でも、近眼+乱視矯正のメガネを常にかけていると、近場のものを見る時はどうしても眼鏡を外してしまいます。
物を読むときもそうだし、料理のときとか、ご飯食べるときも・・いま、PCのディスプレイを見てるときもです。

これをやると困るのが、眼鏡をすぐに見失うと言うことです。
つねに「あれ?眼鏡どこ??」と探し回ってしまいます(^_^;)
出先でもついつい眼鏡をはずしてしまい、置き忘れてきたこともありました。

かと言って、ついつい頭に乗せてしまうこともあるんですけど(ど根性ガエルのヒロシみたいに)それをやると、まずレンズが髪の油で汚れてしまうし(なんて書くといかにも私の髪が汚そうですが、念のために書くけど毎晩シャンプーしていますよ・・・)それに、何かにぶつかって眼鏡を傷めてしまいそうです。(実際ぶつけまくって傷つきまくりで、フレームが広がってしまったりも)

そういうことを考えて、コンタクトってどうかなぁと思うわけです。
遠くを見る時は近視矯正が働き、近くを見る時は裸眼に近い老眼矯正のレンズ・・が理想です。
そんなのないかな。

それだけの話。つまらない記事で申し訳ない(^_^;)
広告よけの更新でした。



09:31 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(0)

【天】金環食迫る!!

金環食のために、買いました(*^_^*)

晴れてくれよ~~!!


20:42 : [そのほか]未分類トラックバック(1)  コメント(0)

【食】大矢知の冷麦


うちはだんなさんがうちで昼ごはん食べる人なので、昼ごはんは普段から3~4人分作るのですが、夏は毎日冷麦。
毎日毎日飽きもせず冷麦。
作るほうとしては、ソーメンのほうが早く茹で上がるので好ましいけど、たまにはソーメンするけど、大抵冷麦です。
夫も父も冷麦が好きなのね。
茹でてるとき火のそばにいると灼熱地獄・・・。

夏の最初は、生姜のほかに、青じそとかみょうがとかも薬味としてつけてたんだけど、もう段々面倒になってきて、近頃は生姜だけ。
ちなみに夫はねぎが嫌いで食べられないのでねぎは薬味にしません。

毎日だと飽きるだろうと思うでしょうが、銘柄によって味と言うかコシと言うか、喉越しというか、なんか違うので
「今日の冷麦はどこの?美味しいね」
とか言うのもあるわけです。
こちらの地方ではなんと言っても大矢知の金魚印です。


しかし、夫の妹が富山にいるのですが、富山の「氷見うどん」も美味しいです。
細麺なので、冷やしうどんとして食べても最高!
世間的には讃岐うどんが王道ですが、時には違うおうどんもいかがでしょうね?



ちなみに、冷麦風冷麺風に食べるのではないけど、ついでにご紹介するのは、歌行燈というお店のだし。
うどんも美味しいですがだしも美味しいです。パックになってるのを煮出すタイプ。
セットもあります。

みなさん、まだまだ残暑厳しいですが、しっかり食べて夏を乗り切りましょう!




13:30 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(0)

【他】ははぎくの水おしろい

ははぎく水おしろい

ここ何年も 石澤研究所って言う会社の、「ははぎく水おしろい」を使ってます。
おおむね普段私は、ノーメイク派なのですが、人と約束したり、子どもの学校に行くときなどは、一応少しだけ塗って行きますね。
そのときはこれ!
しょっちゅう使うわけじゃないので、一本買うと長くもつのです(何年も)が、最近残り少なくなってきたので買おうとして、びっくり。いつのまにか、販売停止になってて、そして、ユーザーの声にこたえて復活していました!!
結局お店では買えなくて、石澤研究所のHPから通販で買いました。
結局ゲットできたのでほっとしましたけど、お願いだから「販売停止」なんてやめて欲しいな!
これからも使い続けたいと思っているので!
http://www.ishizawa-lab.co.jp/haha/
12:38 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(8)

見た映画メモ

昨日は、模擬テストが終わった娘と、サマーウォーズを見てきました。
私はそうでもなかったけど、娘は「時をかける少女」の大ファン。(アニメ版)
近くのシネコンの上映は終わっていて諦めていたら、隣の市にあるシネコンに、9月にはいってからやってきました。
「ときかけ」が、そんなに好みじゃなかったので、私はさほど期待していなかったけど、見たらば大変面白かった!!劇場でみて良かったです。できれば夏に見たかったなぁ。
詳しい感想はのちほど・・・・。

最近のレンタルビデオ鑑賞の感想がたまっております。
見たのは
「南極物語」監督:フランク・マーシャル(アメリカ版リメイクです)
「イントゥ・ザ・ブルー 」監督:ジョン・ストックウェル
「ワイルド・スピード ×2」監督: ジョン・シングルトン
「ノエル」監督:チャズ・パルミンテリ
ここまで、全部ポール・ウォーカーです。ハマってます!(笑)
今度、「ワイルド・スピード」の3が上映されるので、絶対に見に行きたいのです。
「アルティメット」 監督:ピエール・モレル
これも、今度2が上映。是非とも劇場で見たいです。スカッとしそう。パルクールと言うの、すごいんですよ。「ヤマカシ」よりも面白かったな。
あとは
「再会の街で」監督:マイク・バインダー
「ダウト ~あるカトリック学校で」 監督:ジョン・パトリック・シャンリィ
など、ものすっごく良い映画でした!!と言うのはないけどね。全部面白かったです。
09:55 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(0)

覚え違いタイトル集

福井県立図書館が、カウンターで実際にあったという書籍タイトルや筆者名の覚え間違いの例を、Webサイトで公開している。(ITmedia News) ソースはこちら

面白い記事を見つけてさっそく「福井県立図書館」のサイトに飛んできました。
読み間違い、覚え間違い、よくありますあります!気持ちはわかる。
カウンターに「こんな本を探しています」と言ってくるユーザーに、図書館の人、一生懸命考えて求めている本を探してあげるんでしょうね。
しかし、色んな間違いがあっておかしい!と言うよりも、よく分かるなぁ。。図書館のひと。
「もたれないと言う本」で、「倚りかからず」茨木のりこが分かるとか
「『主婦の友』とかでよく見るんだけど、名前が読めない人の本。」で「奥薗壽子(おくぞの としこ)。」が分かっちゃうとか、
「ちおち」で「半落ち」とか・・・
私だって「半落ち」読みましたよ。でも「ちおち」と言われても絶対に「半落ち」を思い出せませんよ。
「斎藤孝の『声に出して読みたい』シリーズ」がどうして「川島隆太の朗読の本」にインプットされちゃうのか。斉藤隆、川島隆太・・一字もかぶってませんってば。
「生の京都」が「いけずの京都」だし・・・たしかにイケズは京都弁だけど。。。
やっぱり一番笑えたのは「「探さない」とかそんな感じのヤツ 」ですね。「そんな感じ」って、それで図書館のカウンターに来るって言うのがチャレンジャー。答えは『求めない』加島祥造・・・って全然違うヤン??
よく分かりますよね。図書館の人。敬服します。
そんな本探しの達人でも、おくだなんとかさんの「さらしもの」って言う本が分からないらしいです。
奥田さんって言うと、奥田英朗さんですが「さらしもの」って言う本はないですよね。
「最悪」とか「サウスバウンド」とかかな?
いや、案外、作家名から記憶違いで、「奥田」ではなく「角田」光代で「さがしもの」じゃないんでしょうか??なんて、考えてるんだけど、真実はいかに。教えて欲しいです。
詳しくはこちらです⇒「福井県立図書館


私の場合、先日、本好きのオフ会で、AさんとBさんと本の話をしていたときのこと。
あるひとの新しい本の話が出て、
私「うーん、中山美穂のだんなさんの人とペアで出版した本で」
Aさんは分かってくれたけど、Bさんは分からず、その本を説明したい。
でも、Aさんも私もお互いタイトルが出てこない。
私「たしか、北側と南側、みたいなタイトル」
Aさん「わかります、わかります。」
Bさん「なんですか、それ」
そして本屋さんに移動。本好き同士のオフ会ですから、本屋さんで盛り上がります。
件の本が平積みに。
Aさん「ありましたよ、shortさん!たしかに北側、南側みたいなタイトルでした!!」
・・・それは、江國香織「右岸」そして、辻仁成「左岸」でした。
まぁそんな話はしょっちゅうですよね。
よくそれをココまでまとめました。親切な福井県立図書館のひとに拍手!

22:18 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(2)

カスタマイズ

マンガのブログ『なれのはて』のほうを、色々イジってカスタマイズしていたらだんだんと収集がつかなくなってきて…。
いっそ他のテンプレートに変えようかと思いましたが、わたしはマンガブログは3カラムがいいと思うのだけど、なかなか思うテンプレがなく。
実はこの今使ってるほそボソのテンプレが気に入ってるので、これの3カラムがあれば良いのだけど。
似たようなのを見つけて、またしてもカスタマイズ…。
もう、コメントのツリー化とか、TBのツリー化とかにはこだわらない(実は面倒くさい)けども、どうしてもカテゴリーだけはツリーにしたい。
でも、いまいじってるテンプレは、プラグイン対応なので、勝手が違うようなんですよね…。
いろんなところの記事を参考に、順番にやっていくしかないのだけど、ずっとパソの前にいて疲れてきました。
疲れるまでやらなくとも…。しかも、疲れるほどやってもパッとしなかったりするし…(あ、これはテンプレの作者さんに失礼ですか。)
センスも技術もないのでね…。
うーん…ってなもんです。ふぅ…。
22:50 : [そのほか]未分類トラックバック(0)  コメント(2)